美乳バストアップ  >  基礎知識  >  女性ホルモン

美の源 女性ホルモン

女性の美しさ

 美しさはここから

女性らしくそして美しくいるためにとても大切なものです。

バストアップやくびれたウエスト、キレイなヒップライン。
そして、美しい髪や、キメの細かい肌など、女性らしい体になる為にはとても重要です。

また、メンタルバランスにも影響しています。

大きく分けると2種類ある

 二つの女性ホルモン

生理の周期に合わせて、肌が荒れたり、ニキビになりやすかったり、バストアップすることを、感じたことはありませんか?

このような症状は、生理の周期に合わせて二つの女性ホルモンの量がバランスよく、増えたり減ったりしているからです。

この二種類の名前は、『エストロゲン』と『プロゲステロン』といい、月経周期や妊娠をコントロールしています。

エストロゲンとプロゲストロンは、卵巣で生産され、脳内の視床下部(シショウカブ)と下垂体(カスイタイ)で分泌をコントロールしています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)とは

 女性らしさの特徴に作用する

女らしさの特徴に作用している物がエストロゲン(卵胞ホルモン)です。

例えば、キレイな髪や、バストアップやヒップ、丸みを帯びたボディラインなど外観上に作用しています。

肌についても、コラーゲンを増加させたり新陳代謝を促します。

また、骨を丈夫にしたり、排卵を促したり、生理の終わりごろから、排卵前に多く分泌されます

プロゲステロン(黄体ホルモン)とは

 生理の周期をコントロール

生理の周期を制御しているホルモンが、プロゲステロンです。

生理前2週間程度の間で、分泌が高まります。

生理サイクルを制御して、妊娠の準備をしています。

排卵後プロゲステロンの分泌が高まると、子宮内膜が厚くなり受精卵が着床しやすくなる為、妊娠に備えることができます。

体温を高くしたり、食欲増進、便秘や肩こり、頭痛、むくみ(水分をためやすくする)、メラトニン色素や、皮脂分泌が活発になる。

健康的な方法でホルモンアップするなら、成功率86%のバストアップ法

健康的な豊胸法

おすすめのランキングページは